FC2ブログ

究極のクリ連続イキへの導き方(8)2本の電マでクリの両側を同時振動する快感


皆さま、こんばんは☆

この左右同時振動法は、クリの両側から同時に振動が伝わりますので、間にあるクリ包皮は複雑な波打ち方をします。

振動の波と波が中央のクリのところでぶつかるため、クリは普通に振動させたときより倍近い振動を受けます。

それだけに、初オーガズムが突然訪れることも多く、いつもと違う声のトーンが始まったら、経験したことのない大きな絶頂感が女性に押し寄せてきていると思ってください。

女性はその気持ちよさと驚きで反射的に両脚を閉じることがありますので注意深く観察していましょう。

男性にとっても女性に初オーガズムが来たときは嬉しいですから、とても興奮すると思います。

ですが、こういうときこそ男性はいつも以上に冷静になりましょう。


また、オーガズムが来たと言っても、初期オーガズムに過ぎません。

究極の快感レベルを100とすれば、初期オーガズムはレベル1程度です。

それでも、初めて体験する女性にとっては、クリ痙攣絶頂の初期オーガズムは驚くほど気持ちいいものです。

ただ、脳が絶頂慣れしていませんので、長くはオーガズムが続きません。

無理に長引かせようと電マの強い振動を続けると、女性はすぐに苦しくなるでしょう。


開発初期は、オーガズムが始まって5秒ほど経ったら、電マ振動を弱めます。

振動を弱めると女性はクリイキ直後の余韻を感じることができます。

初めてクリイキした女性にとっては、イキ続けるよりも、絶頂直後の余韻を感じているほうが気持ちいいものです。

20秒ほど最弱振動にしておくと、この間に徐々に余韻がこなれてきます。

そして20秒経過したら、再び振動数を上げていきます。


このようにすると、初期オーガズムを体得したばかりの女性でも再びイキ始めることがあります。

これは連続イキではなく、断続イキと呼んでいます。

20秒間に一回の断続イキをすると、女性は疲れることなく何度もイケるようになります。

初めてクリイキした女性でも数回は気持ち良くイケるでしょう。


ですがこれも最初から無理しないでください。

開発初期から何度もイカせると、女性はオーガズムそのものが苦しくなってきます。

脳がオーガズムに慣れていないためです。

男性にすればイクのだから気持ちいいだろうと思われるかもしれませんが、

例えるならペニス亀頭に電マをあてたまま、無理矢理何度も何度も射精させられるようなものです。

それは快感を超えて苦痛になるでしょう。


初めてクリイキした女性にとっては、イクという行為そのものに感動しています。

クリイキの余韻をじっくり味わってもらいましょうね。

断続イキしたとしても数回程度でやめましょう。

それでも次回は今回イッた数の倍はイケるようになります。

女性は一度イクと、倍々ゲームで絶頂数が伸び、しかも絶頂時の快感レベルが上がっていきます。

今は焦らず、次の機会に持ち越して、そのときの女性の成長ぶりを楽しみにしていましょう。

--

続きはまた次回♪

素敵な夢を☆彡

~~~~~~~~~~~~~~~
『オーガズムエステ: 女性の身体の開発』をアマゾンから電子書籍出版しています。
詳しくは、カテゴリまたは目次の「オーガズムエステ電子書籍版」に記載しております。
電子書籍版は体系的に章立てし直して読みやすく編纂し、新たな情報を加筆しておりますので、是非お手元に一冊置いて頂ければ幸いです。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

究極のクリ連続イキへの導き方(7)2本の電マでクリの両側を同時振動する


皆さま、こんばんは☆

『電マで気持ちよく何度もクリイキさせる方法シリーズ』は評判がいいようですので、今日からしばらく午前0時過ぎに予約投稿することにしました。

これまでどおりご愛読くださいね。


それでは、次は左右の電マ振動を同時に強くしていきます。

前回の交互振動によって、大陰唇とクリの感度が上がっている今が頃合いです。

右手の電マと左手の電マのスイッチを同時に入れ、左右同時に振動数を上げていきます。

ただし、いつでも電マを離せるように女性の眉間を観察していてください。

快感限界が近づくと、女性はあまりの快感に驚いて両脚を閉じる可能性があります。

また、突然苦しくなり両脚を閉じることもあります。


そうなると、女性の両足が左右の電マを押し込み、2本の電マヘッドがクリを挟んでしまいます。

これはとても痛いですから、クリ開発どころではなくなります。

左右の電マの振動数を上げる時は、女性の眉間を観察し、いつでも電マを離せるようにしていてくださいね。


電マ振動数を徐々に上げ、快感限界が近づいたら、女性の眉間に皺が寄り始めると思います。

すかさず電マ振動を弱くし、最弱振動にします。

女性にほっとした表情が現れ、やがてうっとりとした表情に戻るでしょう。

眉間から皺が消えたら、再び電マ振動数を上げていきましょう。


これを数回繰り返します。

女性にとっては、クリの左右から同時に強い振動が起きては弱くなります。

クリに大きな快感が訪れては消えていく、を繰り返すことになります。

女性はうっとりとした表情を浮かべながら、徐々に快感限界が伸びていくでしょう。

--

続きはまた次回♪

素敵な夢を☆彡

~~~~~~~~~~~~~~~
『オーガズムエステ: 女性の身体の開発』をアマゾンから電子書籍出版しています。
詳しくは、カテゴリまたは目次の「オーガズムエステ電子書籍版」に記載しております。
電子書籍版は体系的に章立てし直して読みやすく編纂し、新たな情報を加筆しておりますので、是非お手元に一冊置いて頂ければ幸いです。

究極のクリ連続イキへの導き方(6)2本の電マでクリの両側を交互振動する快感


皆さま、こんばんは☆

前回はクリの左右から電マ振動でウェーブのように快感が押し寄せる方法をご紹介しました。

女性にとっては、クリの左側から振動が押し寄せきて快感に浸っていると、今度はクリの右側から振動による快感が押し寄せてきます。

これまで味わったことのないクリの快感に、女性はうっとりとするでしょう。

電マで直接クリを振動させられると、女性は苦しくなったり痛くなりやすいのですが、この方法ならいつまでも感じ続けることができます。

感じるほど膣がたくさん濡れますから、セックス前の前戯として採り入れても良いかと思います。


クリの感度が極まっていくと、オーガズムという最高潮の快感が押し寄せるのも時間の問題です。

それはこれまでのクリイキの常識を打ち破る気持ち良さになるでしょう。

一度クリイキすると疲れ果ててしまう女性が多いのですが、この方法ならいつまでもずっとイキ続けることができます。

ただ、それはクリ開発された女性の話です。

そうでなければ、振動で痒くなるか、苦しくなってきます。


今は、30秒ほど大陰唇とクリを休ませましょう。

振動により血行がよくなった大陰唇に刺激を続けると、痒くなって快感を逃してしまいます。

休ませることにより、脳は振動の快感を学習し、快感限界を少しずつアップさせてくれます。

休んだ後は、先ほどよりもさらに感じるようになっているでしょう。


このようにして、少しずつクリ及びクリ陰茎部の快感を発掘し、感度を上げていくことができます。

その先に『クリ連続イキ(またはクリ痙攣絶頂)』が訪れるようになりますから、それを楽しみに根気よく続けていきましょう。

--

続きはまた次回♪

素敵な夜を過ごしてくださいね☆彡

~~~~~~~~~~~~~~~
『オーガズムエステ: 女性の身体の開発』をアマゾンから電子書籍出版しています。
詳しくは、カテゴリまたは目次の「オーガズムエステ電子書籍版」に記載しております。
電子書籍版は体系的に章立てし直して読みやすく編纂し、新たな情報を加筆しておりますので、是非お手元に一冊置いて頂ければ幸いです。

究極のクリ連続イキへの導き方(5)2本の電マでクリの両側を交互振動する


皆さま、こんにちは☆

ここから電マを2本同時に使います。

まずは、クリの両側(左右の大陰唇上部)を電マで刺激していきます。

右手の電マを女性の左大陰唇上部に垂直に当て、左手の電マを右大陰唇上部に垂直に当てます。

このとき、電マがクリに直接当たらないように気をつけます。

また、女性が両膝を閉じると電マでクリを挟んでしまいます。

そうなると痛い思いをさせてしまいますので、男性の手または腕で女性の片方の足を押さえ、すぐに閉じられないようにします。

ただし強い力で抑え込まず、女性が両脚を閉じるまでの時間稼ぎをして、その間に電マを離せるようにします。


では、右手の電マのスイッチを入れ、最弱振動にします。

次に左手の電マスイッチを入れて、最弱振動にします。

左右の大陰唇上部に電マを当てて振動させると、電マの間に鎮座するクリに伝わります。

クリ包皮が振動によって波打っているのがわかるでしょう。

女性にとっては、クリに直接触れられるよりも、ずっと心地いい快感が訪れます。

いつまでも味わっていたいほど気持ちいい快感です。

ですが、これでは快感限界を引き上げられません。


そこで、右手の電マを快感限界の振動数まで徐々に上げていきます。

快感限界の振動数は前章で調べた振動数です。

女性が突然、苦しくなって眉間に皺を寄せたら、すぐに振動数を最弱振動に下げます。

下がると同時に苦しさが消え、代わりに快感が訪れるでしょう。


同じように、左手の電マを快感限界の振動数まで徐々に上げていきます。

先ほどと同じように女性に苦しさが現れますが、右手とは快感限界が異なる場合があります。

女性は右半身か左半身のどちらかが、より感じやすい傾向があるからです。

これはこれまで経験した男性のセックスの癖が関わっていると思われます。

例えば、右手で手マンする癖のある男性は、女性の右半身のほうが感度が高くなります。

セックスでは、ペニスを挿入する角度やペニスの形状(右向き/左向き)などにより、膣のどちらかの感度が高くなります。

外陰部も、膣の感じやすい側がいっそう感じやすい傾向があるのです。


それはさておき、女性が突然、苦しくなって眉間に皺を寄せたら、すぐに振動数を最弱振動に下げます。

下がると同時に苦しさが消え、代わりに快感が訪れますので、女性にほっとした表情が浮かんで眉間の皺が消えるでしょう。


これを数回繰り返します。

女性にとっては、クリの左右から交互に強い振動が起きては弱くなります。

まるで海の波のように、快感という大小の波が押し寄せては消える、を繰り返すことになります。

女性はうっとりとした表情を浮かべながら、いつの間にか徐々に快感限界が伸びていくでしょう。

--

続きはまた次回♪

素敵な夜を過ごしてくださいね☆彡

~~~~~~~~~~~~~~~
『オーガズムエステ: 女性の身体の開発』をアマゾンから電子書籍出版しています。
詳しくは、カテゴリまたは目次の「オーガズムエステ電子書籍版」に記載しております。
電子書籍版は体系的に章立てし直して読みやすく編纂し、新たな情報を加筆しておりますので、是非お手元に一冊置いて頂ければ幸いです。

究極のクリ連続イキへの導き方(4)快感限界を引き上げる


皆さま、こんにちは☆

次に、少し苦しい快感が訪れるまで電マ振動を上げ、女性の快感限界を調べます。

心地いいだけではクリの感度は上がらないからです。

反対に苦しい快感が続くと女性は力が入って身構えてしまい、開発効果が下がります。

そこで、快感限界を知るために電マ振動を徐々に上げながら、女性の眉間に皺が寄るかどうかを注意深く観察します。

眉間に皺が寄ったら、すかさず電マをクリ根元から離し、今の振動数を確認してから、いったんスイッチを切ります。

もちろん女性に「気持ちいい?」、「苦しい?」などと快感の強さを聞けるのならいいですね。

ですが、男性に気兼ねして正直に言わない女性もいますので、眉間の変化を観察する癖をつけておきましょう。


快感限界は個人差があり、弱振動から強振動まで幅が広いです。

快感限界が弱振動で訪れる女性は、クリをあまり触ってこなかった女性に多く見られます。

育った家庭の価値観や環境、宗教的な面などでクリオナニーをすることに抵抗があったのでしょう。

ですが、クリオナニーは膣の感度を上げるだけでなく、膣イキ(中イキ)を捉えるための重要な行為と言えます。

クリイキを知らなければ膣イキはまずできないからです。


さて、電マの振動数を引き上げたことで女性はしばらくの間、眉間に皺が寄ったままになりますので、もう一度先ほどの深呼吸をしてもらいましょう。

すると眉間の皺が消えていくと思います。

皺が消えたらもう一度同じことを数回繰り返します。

これをしていくと女性はクリの快感限界が少しずつ伸びていきます。


次に、電マを回転させて快感にメリハリをつけて快感限界を伸ばしていきます。

電マのスイッチを入れ、先ほど調べた快感限界の振動数=少し苦しい振動数、にします。

まずは電マを45度ほど上に傾けて、クリ根元に当てます。

電マヘッドの中心部が常にクリ根元に当たるようにしながら、腕を動かして電マをゆっくりと回します。

一周5秒~10秒くらいがいいでしょう。

このとき電マが下側に傾くと、振動がクリに伝わりやすくなり、快感よりも苦しさが強くなります。

一方、電マが上側に傾くと、クリから振動が遠ざかり、苦しさが取れて心地よさを感じます。

このようにすると快感にメリハリが出ます。

この快感のメリハリが、快感限界を伸ばすことに繋がります。


これを数回繰り返します。

慣れてくると女性はこれだけでうっとりとしながら、ピクピクと痙攣し、クリイキする女性もいます。


このようなクリ根元(クリ陰茎部)への電マ刺激を、できればセックスの前戯として採り入れて欲しいですね。

電マ刺激の後にクンニすると、刺激に変化があり、女性はいつも以上に感じるようになります。

クンニだけではなかなかクリイキできない女性も、これを毎回セックスのたびにしておくと、

クリの感度が上がり、いずれクンニだけでクリイキできるようになるでしょう。

--

続きはまた次回♪

素敵な夜を過ごしてくださいね☆彡

~~~~~~~~~~~~~~~
『オーガズムエステ: 女性の身体の開発』をアマゾンから電子書籍出版しています。
詳しくは、カテゴリまたは目次の「オーガズムエステ電子書籍版」に記載しております。
電子書籍版は体系的に章立てし直して読みやすく編纂し、新たな情報を加筆しておりますので、是非お手元に一冊置いて頂ければ幸いです。

メールフォーム
性の悩みやご相談などありましたらお気軽にご連絡ください。内容は公開されませんのでご安心ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

フィン♪

Author:フィン♪
私は性調教師、性施術師、性ヒーラー、性療法士などと呼ばれています。
性調教は究極の快楽と癒しを味わってもらいながら、真の絶頂を得て、美と痩身と健康をもたらす調教法です。
性調教はSMではありません。
女性の体を開発して、今よりずっと感じやすくし、綺麗に磨き上げていくものです。
また、一般の方向けに『オーガズムエステ 女性の身体の開発』を他のブログで書いています。
現状は同じ内容を投稿していますが、ご興味のある方は『オーガズムエステ』で検索してみてくださいね。

性調教とは
女性は体を開発すると今よりずっと綺麗になれるのをご存知でしょうか? イクたびに女性ホルモンや成長ホルモン、セロトニンなどが全身に行き渡り、心が癒されながら肌がツルツルになり、表情や声、しぐさが色っぽくなり、下半身が引き締まるダイエット効果まであるのです。 性調教すると真の絶頂を体得して頂き、物凄い快感を味わってもらいながら、体の内面から綺麗に痩せていきます。 45歳の女性は肌がツルツルになり女友達から30代前半に見えると不思議がられています☆ 35歳で74kgの女性は半年で50Kgになり、長年罹ってきた鬱病も完治しました☆ 27歳の女性はイク演技ばかりしてきましたが、何十回もイクようになり女の悦びを生まれて初めて知りました☆ これまで絶頂体得は100%、ダイエットは80%、メンタル疾患治癒は80%の成功率です。 絶頂を体得したい、精神的に安定したい、色っぽくなりたい、綺麗に痩せたい、若返りたいなど真剣にお悩みの方はご連絡くださいね☆
目次
最新記事
ブログランキングリンク
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる