FC2ブログ

初めての中イキ(膣イキ)へ導く鍵(2)


中イキへの最後の壁を、女性の多くが越えられないでいます。

中イキしたことがある女性は全体の35%(2007年欧米の調査結果)と言う数字も頷けます。

個人的には、性に恥じらいを持ちやすい日本女性は3割に満たないのではないかとさえ思います。

中イキと心の解放は大きな相関関係があるからです。


女性は初めての膣オーガズムが近づいてくると驚くほどの力を出します。

男性の手を握り潰されるのではないかと思うほど強い握力が出ます。

両脚を物凄い力で閉じようとする女性もいます。

そうなるとピストン運動することはできません。

また、男性が女性の両脚を抱えていても、物凄い力で上へ上へと逃れようとします。

こうなるとセックスどころではなくなり、中イキへ導くこともできなくなります。

かといって、無理矢理女性を押さえつけてイカせようと激しくピストン運動すると逆効果になります。

女性はパニックになり、二度と貴男とセックスしようとは思わなくなるかもしれません。


セックスだけでは中イキへと導くのは難しい場合があります。

そういう場合は、指やディルド、電マを使う必要もあります。

ですが、最後の壁を乗り越えるのに最も大切なのは、”信頼感”と”安心感”です。

貴男への絶対的な信頼感があって、一緒に乗り越えてくれるという安心感です。

身を任せても大丈夫という気持ちがあって初めて、女性は積極的に巨大な波(オーガズム)へと立向かう勇気を持てるからです。


~~~~~~~~~~~~~~~
『オーガズムエステ: 女性の身体の開発』をアマゾンから電子書籍出版しています。
カテゴリまたは目次の「オーガズムエステ電子書籍版」に詳しく記載しておりますのでご覧頂ければと思います。ブログでは日々思いついたことを書き下ろしていますので、テーマが飛んだり外れたりと、わかりにくいところもありますが、電子書籍では体系的に章立てして読みやすく編集し、新たな情報も加筆しておりますので、是非お手元に一冊置いて頂ければ幸いです。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

初めての中イキ(膣イキ)へ導く鍵(1)


初めての中イキ(膣イキ)が訪れるまでにかかる時間は女性によって様々ですが、膣の成熟度を確かめながら慎重に進めたほうが時間は短くなります。

やみくもにセックスを繰り返しても、効果は薄く、男女とも疲れ果てるだけになります。

むしろ、そのようなセックスを繰り返していると、いつまで経っても中イキできず、焦りが出てきます。

焦りは精神的ガードを強くしますので、かえって中イキを遠のかせてしまいます。


まず膣の違和感が取れること、次に”変な感じ”に変わること、そして”気持ちいい”と感じるようになることが中イキへの近道です。

その上で激しいピストンが”物凄く気持ちいい”と感じるようになると、初めての中イキまであと一歩になります。


ところが、激しいピストン運動を繰り返しても、なかなか中イキできない女性も多いのです。

それは、女性の絶頂(オーガズム)に対する恐怖心が影響しています。

オーガズムは、あらゆる快感の頂点です。

”物凄く気持ちいい”快感を大きな波とすると、オーガズムは津波のような巨大な波であり、桁が違います。

そのため、せっかくオーガズムが押し寄せてきているのに、怖くて快感を受け入れられない女性は力を振り絞って耐え忍ぶようになります。

この状態が続くと女性はとても苦しくなり、疲れ果てていきます。

これは精神的ガードまで強めます。


女性のオーガズムに対する恐怖心は、中イキへの最後の壁です。

この壁を男性が如何に取り除けるかが、中イキ体得への鍵になります。


~~~~~~~~~~~~~~~
『オーガズムエステ: 女性の身体の開発』をアマゾンから電子書籍出版しています。
カテゴリまたは目次の「オーガズムエステ電子書籍版」に詳しく記載しておりますのでご覧頂ければと思います。ブログでは日々思いついたことを書き下ろしていますので、テーマが飛んだり外れたりと、わかりにくいところもありますが、電子書籍では体系的に章立てして読みやすく編集し、新たな情報も加筆しておりますので、是非お手元に一冊置いて頂ければ幸いです。

中イキしやすい後背位セックスの仕方(3)


さて、膣奥まで膣道ができたら、いよいよバックセックスの開始です。

彼女にとって初めてのバックイキを試す時は、Pスポットラインはまだ違和感の温床だと思います。

いきなり激しいピストン運動をすると、強い違和感を感じて腰が引けてしまうでしょう。

そこで以前、ご紹介した『九浅一深』を行います。


まずは亀頭だけの出し入れを9回ピストン(九浅)し、最後に膣奥まで1回だけ”ズブブブッ”と深く挿入(一深)します。

膣奥までペニスが入り込むと女性は違和感を感じやすいですが、次の”九浅”が始まるとEスポットの心地よい快感が湧き起こり、違和感が打ち消されていきます。

これを丹念に繰り返していきます。


少なくとも、『九浅一深』を10セットほど行うといいですね。

合計100回ピストンすることになりますが、ペニスで膣マッサージをしていると思って頑張りましょうね。

そうすれば10回は膣奥までPスポットラインを擦れますから、マッサージ効果が徐々に現れてきます。


女性にしてみれば、違和感を感じたと思ったら快感が起こります。

その快感にうっとりしているとまた違和感を感じ、すぐ快感が続く、という繰り返しになります。

そうこうしていくうちに脳が慣れてきます。

Pスポットラインの違和感が徐々に消えて、”変な感じ”になってくるのです。

この”変な感じ”が、Pスポットでの快感の目覚めです。


女性の中にはこれが「いつか絶頂になりそうな気がする」と直感する人もいます。

違和感を消すまでは比較的時間がかかりますが、ひとたび”変な感じ”に昇級すると絶頂が訪れるのは早いですよ。


~~~~~~~~~~~~~~~
『オーガズムエステ: 女性の身体の開発』をアマゾンから電子書籍出版しています。
カテゴリまたは目次の「オーガズムエステ電子書籍版」に詳しく記載しておりますのでご覧頂ければと思います。ブログでは日々思いついたことを書き下ろしていますので、テーマが飛んだり外れたりと、わかりにくいところもありますが、電子書籍では体系的に章立てして読みやすく編集し、新たな情報も加筆しておりますので、是非お手元に一冊置いて頂ければ幸いです。

中イキしやすい後背位セックスの仕方(2)


これを繰り返しているうちに、Pスポットラインの膣道が出来ます。

膣道とは、女性が痛みを覚えずに、膣口から膣奥までペニスが滑らかに挿入できる通り道のことです。

ペニスで膣のお尻側の壁を擦り上げるようにしながら、膣奥まで引っ掛かりもなく滑らかに到達できたら膣道の完成です。


膣壁は人によって様々な形状をしています。

膣壁がプニプニしている膣は、愛液が充満していないとペニスに張り付きますので、挿入時に膣壁が引っ張られて女性が痛みを覚えることがあります。

肌の弱い男性なら、ペニスが膣壁に引っ張られて陰茎部の皮膚が切れることもあります。

また膣壁のお尻側には、リンパ腺などが発達してコブになっているケースもあります。


このような膣に、いきなりペニスを膣奥まで勢いよく挿入すると、女性は痛みを覚えて腰が引けてしまいます。

ペニスが”ミシッ、ミシッ”と音を立てながら、膣にめり込んでいく感じですから、女性にとっては恐怖です。

愛液が充満していても、最初に膣奥まで挿入するときは、ペニスに愛液がたっぷり付着するように、膣壁を擦りあげながら、徐々に、ゆっくりと奥まで挿入していきましょう。


Pスポットの開発中は、まず膣壁を慣らして、女性に痛みを感じさせないようにする必要があります。

毎回セックスするときに、『まず膣道を作る』と言う意識を持つと、女性に痛みを覚えさせません。

このようなちょっとした配慮が女性に安心感をもたらし、中イキへと導きやすくなります。


~~~~~~~~~~~~~~~
『オーガズムエステ: 女性の身体の開発』をアマゾンから電子書籍出版しています。
カテゴリまたは目次の「オーガズムエステ電子書籍版」に詳しく記載しておりますのでご覧頂ければと思います。ブログでは日々思いついたことを書き下ろしていますので、テーマが飛んだり外れたりと、わかりにくいところもありますが、電子書籍では体系的に章立てして読みやすく編集し、新たな情報も加筆しておりますので、是非お手元に一冊置いて頂ければ幸いです。

中イキしやすい後背位セックスの仕方(1)


さて、いよいよ後背位セックス(バック)で中イキを誘発してみましょう。

まずは、亀頭だけを”ニュポッ、ニュポッ”と何度も出し入れします。

亀頭に愛液を馴染ませると同時に、膣口を柔らかくするためです。

膣口(Eスポット)が開発されている女性なら、これだけでも絶叫を上げながらイクようになります。

Eスポットは見過ごされることが多いオーガズムスポットですが、ここは女性にとって、とても心地いい快感が続きます。


それでは、ペニスを膣口から膣奥までゆっくりと挿入しましょう。

このとき、亀頭を膣壁の上側(お尻側)を擦り上げるようにしながら、”ズブズブッ”とペニスを根元まで埋没させます。

もし、彼女の腰が引けるようなら(前へ逃げようとするなら)、痛がっている証拠です。

そのときは、それ以上は奥へ挿入せず、とどまってください。

そして一旦ペニスを引き抜きます。


彼女は内心ホッとしていると思いますので、腰が元の位置に戻ってくると思います。

そのとき、もう一度亀頭だけを”ニュポッ、ニュポッ”と出し入れしましょう。

膣口の快感で、膣奥の痛みを打ち消すのです。

彼女が感じてきたら、再びペニスを膣口から膣奥までゆっくりと挿入していきましょう。

これを繰り返しているうちに、痛みを覚えずにペニスが通過できる膣道が出来ます。


女性にとって膣は快感の宝庫ですが、それはあくまで開発された膣に限ってのことです。

未開発の膣は、男性にとってもいきなり肛門に指を突っ込まれるのと同じく恐怖なのです。

開発するときは優しく、少しずつ慣らしていきましょうね。

その忍耐の先に、貴男が驚くほど淫らに乱れる彼女の姿が現れるでしょう。


~~~~~~~~~~~~~~~
『オーガズムエステ: 女性の身体の開発』をアマゾンから電子書籍出版しています。
カテゴリまたは目次の「オーガズムエステ電子書籍版」に詳しく記載しておりますのでご覧頂ければと思います。ブログでは日々思いついたことを書き下ろしていますので、テーマが飛んだり外れたりと、わかりにくいところもありますが、電子書籍では体系的に章立てして読みやすく編集し、新たな情報も加筆しておりますので、是非お手元に一冊置いて頂ければ幸いです。

メールフォーム
性の悩みやご相談などありましたらお気軽にご連絡ください。内容は公開されませんのでご安心ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

フィン♪

Author:フィン♪
私は性調教師、性施術師、性ヒーラー、性療法士などと呼ばれています。
性調教は究極の快楽と癒しを味わってもらいながら、真の絶頂を得て、美と痩身と健康をもたらす調教法です。
性調教はSMではありません。
女性の体を開発して、今よりずっと感じやすくし、綺麗に磨き上げていくものです。
また、一般の方向けに『オーガズムエステ 女性の身体の開発』を他のブログで書いています。
現状は同じ内容を投稿していますが、ご興味のある方は『オーガズムエステ』で検索してみてくださいね。

性調教とは
女性は体を開発すると今よりずっと綺麗になれるのをご存知でしょうか? イクたびに女性ホルモンや成長ホルモン、セロトニンなどが全身に行き渡り、心が癒されながら肌がツルツルになり、表情や声、しぐさが色っぽくなり、下半身が引き締まるダイエット効果まであるのです。 性調教すると真の絶頂を体得して頂き、物凄い快感を味わってもらいながら、体の内面から綺麗に痩せていきます。 45歳の女性は肌がツルツルになり女友達から30代前半に見えると不思議がられています☆ 35歳で74kgの女性は半年で50Kgになり、長年罹ってきた鬱病も完治しました☆ 27歳の女性はイク演技ばかりしてきましたが、何十回もイクようになり女の悦びを生まれて初めて知りました☆ これまで絶頂体得は100%、ダイエットは80%、メンタル疾患治癒は80%の成功率です。 絶頂を体得したい、精神的に安定したい、色っぽくなりたい、綺麗に痩せたい、若返りたいなど真剣にお悩みの方はご連絡くださいね☆
目次
最新記事
ブログランキングリンク
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる