FC2ブログ

5.6-8章 飼育調教 快感乱舞バック指責め



(前章まで)

もはや薫はスパンキングがとても好きになっていた…

『フフフ、痛みと快感のコラボレーションを体得しましたね』

フィンは嬉しそうに微笑みながら、薫の尻を叩きつづけていた…


・・・


薫の臀部は真っ赤になり、もはや手の痕がわからくなっていた。

しかし、薫は痛みを感じながらも体をくねらせ、膣からは愛液を溢れ出させ、

膣内はローションを付けたように指が滑らかに動いた。

『薫さん、よく頑張りましたね。

 ではご褒美にバックスタイルでの指の快感乱舞を披露しましょう。

 仰向けでされるのとは違って、ひと味違った快感を得られるでしょう。

 では、堪能してくださいね』



フィンは人差し指を中指に沿えて、ゆっくりと膣に挿入していった。

一本の指でも締め付けるようになっていた膣は、二本指を入れるとぎちぎちになった。

しかし、溢れるほどの愛液がすぐに指全体に絡まり、スムーズに動き始めた。

『あぁ~』

もう喘ぎ声が漏れだした。

膣が愛しそうに二本指を舐めている。

ぎゅうと咥え込んで離さない。

『驚きましたね。

 これほど締め付けるとは…』



フィンの二本指が反時計回りに”グルーン”と回り出した。

Gスポットから左のSスポットへ、そしてPスポットから右のSスポットまで膣壁が擦られていった。

『ひぃいいい~、あぁあああ~』

薫は尻を突き上げたまま、微動だにしなかった。

先ほどのスパンキングで躾を覚えたようだ。

『えらいですね。

 指を動かしやすいように動かないでいるとは』



フィンは感心しながら、今度は二本指を時計回りに”グルーン”と膣壁をなぞっていった。

『あぁあああ~』

ゾクゾクと込み上げる快感が全身を貫いていった。

おそらく口からは涎を垂らしていることだろう。



『さぁ、指が十分に馴染みました。

 バックスタイルでドリルのように膣を掻きまわされる快感を味わってくださいね』

薫はゾクゾクっとした。

バスルームで膣を掻きまわされたときの快感を思い出したのだ。

思い出しながらうっとりしていると、フィンのカウントダウンが始まった。

『3…、2…、』

『あぁ~ん』

早くして欲しいと言わんばかりに、おねだりするような声が漏れた。

『1…、ゴー!』



『ひゃあああ~~~~!』

フィンの二本指がドリルのように回転しだした。

左回り、右回りと交互に膣壁をなぞっていく。

膣口を指の付け根でグイッと押しながら回転すると、膣の9か所のスポットが次々に刺激されていった。

『いやぁ~、あぁあああ~、いっちゃう~、いっちゃ、うぅ~~~~!』

薫は簡単に昇り詰めていった。

ここまでの調教でイキやすい体に変化していた。

このぶんだと、今日は100回イキを軽く超えるかもしれない…

フィンは薫のイキっぷりに驚いていた。



薫は両腕をガクガクと震わせ、崩れないように必死に喘ぎながら、余韻を堪能している。

『えらいですね。

 立派なメス猫ですよ。

 では、次の快感を与えましょう』

フィンは右手をくるっとひっくり返すと二本指をPスポットにセットした。

『3…、2…、』

『あぁ~ん』

驚いたことに早くして欲しいと言わんばかりに、おねだりするような声が漏れた。

『1…、ゴー!』



『ひぃいいいい~~~~、いやぁ~、すごいぃ~~~!』

薫から歓喜の声が漏れた。

二本指がPスポットに沿って、ピストン運動を続けていた。

幸福感のある快感が一気に高まり、すぐに絶頂が押し寄せてきた。

『いっ、いっ、イックゥ~~~~~~~!』



両膝が痙攣しだした。

尻が小刻みに震えている。

今にも崩れ落ちそうな体を必死に支えながら、薫は尻を高く突き上げ、頭を上げて絶頂を味わっていた。

『たいしたものです…

 これだけの快感を得ながら体を支えられるとは…』

フィンは感心していた。

通常ならとっくに崩れ落ちて、床の上に横たわっている。

さすがに、ヨガとダンスで鍛えた体だ。



『では、ご褒美にさらなる快感を与えましょう』

フィンはバックから薫の膣に指を入れたまま、ニヤリと笑った…



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



さて、今回のお話はいかがでしたでしょうか?

それでは、今日も素敵な一日を♪

フィン☆
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
ブログ内検索
記事を探したいときにキーワードを入力して検索ボタンを押して頂ければ、当該記事が表示されますのでご利用ください。
プロフィール

フィン♪

Author:フィン♪
ご訪問ありがとうございます。
性調教は、女性に究極の快楽を与え、衝撃的で色とりどりの絶頂を体得させながら、妖艶で綺麗に磨き上げていくものです。
淫靡で官能的なアブノーマルプレイを駆使して、女性の感度を極限まで引き上げていきます。
それによって女性は驚くほど綺麗に変化します。

記事は膨大になっておりますので、目次(カテゴリ)の上から順に読んで頂ければわかりやすいと思います。

調教をご希望の方は、メールフォームにて、
・お名前(必須)
・メールアドレス(必須)
・件名
を記入し、
・本文(必須)に
性別、年齢、都道府県、相談内容を記して「確認」ボタンを押してください。
個人情報は秘密厳守しますのでご安心ください。
折り返し、メールアドレス宛にご返信致します。

◆自己紹介
・性別:男性
・在住:東京
・身長:180cm
・体重:75Kg
・趣味:ピアノ、テニス、ゴルフ

メールフォーム
性調教をご希望の方はご連絡ください。内容は公開されませんのでご安心ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

目次
ブログランキングリンク
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
にほんブログ村
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる