FC2ブログ

5.2-11章 立ち緊縛ロータ競演



女性は同じ刺激を受け続けると快感慣れしてきます。

最初は感じても慣れてしまうと次第に感じにくくなってくるのです。

ところが、いったん刺激を止めると、快感がジワジワと散っていきます。

快感が散っていくとき、その快感を追い求めるように脳が快感を記憶しようとします。

そこで再び同じ刺激を与えると、求めていた快感だと脳が認識し、さっきより感じるようになるのです。

同じ刺激でもやり方次第で快感が倍増するのです。

この原理を応用して、彼女の感度を最大限に引き出していきましょう。


では、ロータ四重奏を始めましょう。

4つのリモコンを彼女の体から取り出し、手に持ってください。

そして、すべてのロータのスイッチを切りましょう。

部屋中に鳴り響いていたロータ音が消え、シーンと静まり返るなか、

『あぁ~、あぁ、…』

彼女の切なげな吐息だけが聞こえてきます。

彼女の脳は今、ロータの快感を追い求めています。

中にはロータを止めると突然、体をピクピクと震わせながら余韻イキする女性もいます。

消えた快感を求めてオ○ンコが蠢き、その蠢きによってさらに感じてしまうからです。


さぁ、頃合いです!

演奏を始めましょう。

『フフフ、これからロータ四重奏をしてあげよう。
 さ~て、どこからスイッチを入れようかな』

彼女は目隠ししていますから、どこから刺激が始まるのかわからずドキドキしているはずです。

では、左の乳首ロータからスイッチを入れてみましょう。

『3…、2…、1…、ドン!』

『ひっ、ひぃ~、いやぁああ~~』

突然の振動に彼女は電気が走ったようにビクビクッと反応することでしょう。

先ほどよりも反応が高くなっていますね。

『おぉ、いい反応だね~』

と言いながら褒めてあげましょうね。


『さて、次はクリのロータを入れるぞ』

と今度は敢えて予告します。

すると彼女はクリに刺激が来ることを想像して、そこに神経を集中させるでしょう。

(いつ来るの、いつ来るの?)

と思いながら、すでに脳内ではクリの快感を甦らせているかもしれません。

でもそれはフェイントで、右の乳首ロータをスイッチオンしましょう。

『3…、2…、1…、ドン!』

『えっ、あっ、あぁあああ~~』

彼女は敏感なクリの刺激を待ちわびていたのに、思わぬところに刺激が来て、ますます感じてしまいます。

『おっとっ、間違えた。
 ハハハ、このリモコンは右の乳首だったか。
 それにしてもいい感度だ』

笑いながら弁解するなんて意地悪な人ですね、貴男は(笑)

貴男の笑い声に彼女はますます身を悶えさせながら、声が高まってくるでしょう。

割れ目からはどんどん愛液が垂れているでしょうね。


さて、お次は

『では、今度はお尻のロータの番だ』

と言いながら、クリロータのスイッチを入れるのです。

『3…、2…、1…、ドン!』

『ひぃいいい~~、いやぁああ、あっ、あっ、あぁあああ~』

4つのロータの中でクリが一番刺激に敏感ですから、このフェイントに彼女は体をガクンガクンと揺らせながらイッてしまうかもしれません。

メンソレータムで熱く疼いているクリはとても敏感になっていますから、ロータの振動はゾクゾクと快感を沸き起こします。

彼女は全身に快感が走って、崩れ落ちそうになったりしますから、いつでも抱きかかえられるように構えておいてくださいね。


さて、最後は尾てい骨ロータですね。

この頃にはくすぐったい感覚が快感に変わっている頃です。

前と後ろからロータで同時に責められて、彼女はまたもや尻振りダンスを踊ることでしょう。

『いやぁ、いい眺めだねぇ。
 まさかこんなエロティックな尻振りダンスを君が出来るとは思わなかったよ』

などと褒めてあげましょうね(笑)

きっと彼女は恥ずかしさのあまり

『いやぁ~、やめて~』

と悲鳴を上げることでしょう。

それでも尻振りダンスは止まりません。

彼女の意思とは関係なく、永遠にお尻を回し続けることでしょう。

続きは明日のお楽しみに♪


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


さて、今夜のお話はいかがでしたでしょうか?

明日も是非読んでくださいね☆

おやすみなさい☆

フィン♪
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
ブログ内検索
記事を探したいときにキーワードを入力して検索ボタンを押して頂ければ、当該記事が表示されますのでご利用ください。
プロフィール

フィン♪

Author:フィン♪
ご訪問ありがとうございます。
性調教は、女性に究極の快楽を与え、衝撃的で色とりどりの絶頂を体得させながら、妖艶で綺麗に磨き上げていくものです。
淫靡で官能的なアブノーマルプレイを駆使して、女性の感度を極限まで引き上げていきます。
それによって女性は驚くほど綺麗に変化します。

記事は膨大になっておりますので、目次(カテゴリ)の上から順に読んで頂ければわかりやすいと思います。

調教をご希望の方は、メールフォームにて、
・お名前(必須)
・メールアドレス(必須)
・件名
を記入し、
・本文(必須)に
性別、年齢、都道府県、相談内容を記して「確認」ボタンを押してください。
個人情報は秘密厳守しますのでご安心ください。
折り返し、メールアドレス宛にご返信致します。

◆自己紹介
・性別:男性
・在住:東京
・身長:180cm
・体重:75Kg
・趣味:ピアノ、テニス、ゴルフ

メールフォーム
性調教をご希望の方はご連絡ください。内容は公開されませんのでご安心ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

目次
ブログランキングリンク
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
にほんブログ村
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる