FC2ブログ

5.4-11章 官能調教-膣開発ポルチオ性感帯狂喜乱舞



続けてまた違う快感がやってきた。

『あぁ~、そこは、なに…、あぁ~、きもち、いい~』

フィンの中指はいつの間にかPスポットに移動していた…


・・・


フィンは膣の下壁(お尻側)に沿って、中指を”ニュルニュル”っと潜り込ませていた。

『ほほう、薫さんはPスポットも目覚めているようですね。

ここはポルチオ性感帯と呼ばれ、幸福感を得られる究極の性感帯なのですよ』

『あぁ~、いい~、すごく、きもちいい~』

『膣の下側には直腸が並行しています。

 そして、膣と直腸の間の壁には快感神経がたくさんあるのです』



ポルチオ性感帯(Pスポット)は比較的最近発見された性感帯だ。

知らない女性も多い。

ここは後背位(バック)でペニスを挿入すると膣壁下部が刺激されやすいので目覚めてくるスポットだ。

バックだとペニスが膣奥にあたって痛くなったり、動物の交配を連想して嫌がる女性はPスポットが成熟しにくい。

だが、膣奥も膣マッサージしていくと、しなやかになり伸びるようになる。

そうすると膣奥が痛いどころが逆に気持ちいいスポットに変化していく。

奥を突かれると気持ちいいと言う女性は、膣がしなやかに伸びる状態になっているのだ。

膣は筋肉と粘膜でできており、とても丈夫な構造をしている。

なにせ出産時には直径10cmも広がる驚異的な器官なのだから。



フィンは潜り込ませた中指でPスポットをトントンとノックするように叩いた。

『あっ、あっ、あっ…』

『なかなかいい感度ですね。

Pスポットが熟していないと変な感じや圧迫感から始まるのですが、

膣マッサージを続けていくと次第に快感に変わっていきます。

薫さんはすでに快感として認識しているようですね』

薫はフィンの指が優しくトントンとあたるたびにゾクッっと仰け反り、軽やかなフィンガータッチに酔わされていた。



『では、これはどうでしょう?』

フィンは中指を5時方向にある溝に沿って、膣口から奥に向かって”ニュルニュル”と滑りこませていった。

『あぁああ~、いぃ~、きもちいい~』

『ここはP1スポットです。

 Pスポットと快感が違うでしょう?』

『ちがう~、優しい感じできもちいいのは同じだけど…、太ももがジーンとする感じ…』



薫はまたも初めての快感を知って驚いた。

溝に沿って指が”ニュルニュル”と侵入してくる摩擦感がたまらない。

本当に蛇が潜りん混んで来るような錯覚を覚えゾクゾクしていた。

『ここの快感も覚えてくださいね』

薫の興奮とは裏腹にフィンは淡々と話しているのが印象的だった。



『では今度はP2スポットです』

フィンは反対側の7時方向にある溝に沿って中指を滑らせていった。

『あぁ~、そこもちがう~、きもちいい~』

『ここも快感として認識しているようですね』

(あぁ~、こんな快感があるなんて…)

フィンの言葉も聞こえないほど薫は甘く優しい快感に酔い痴れていた。



『3つとも快感を認識しているようですね。

 では、Pスポット快感乱舞を味わってもらいましょうか』

フィンの中指が膣の下壁に沿って、振り子のように左右にゆっくりと振れ出した。

『あっ、いぃ~、あっ、いやぁ~、あぁああ~、すごい~』

振幅する摩擦が3つの異なる快感を次々に送り込んでくる。

Gスポットとは異なり、どこも優しくて心地よい快感だ。

『はぁああ~、きもちいい~、こんな、の、はじめて~』

薫から甘いため息が漏れた。



薫は快感のオンパレードにうっとりしていた…

(膣がこんなに感じるなんて…、信じられない)

これまでセックスは気持ちいいし、それで十分だと思い込むようにしてきた。

しかし、行為のあとはいつも何かが物足りなかった。

あと少し先に何かありそうなのに、それが掴めないもどかしさがあった。

でも、今、初めてそれがわかった気がした。



『薫さん、Pスポットの3つの快感の違いがわかったようですね。

 では万華鏡責めをしましょう』

薫はドキドキしてきた。

Gスポットの万華鏡責めでは3つの快感が合わさると、全く別の快感として感じたからだ。

Pスポットではどうなるんだろう…

新たな快感への期待が芽生えていた。



フィンのカウントダウンが始まった。

『3…、2…、1…』

ドキドキ感よりワクワク感が勝ってきた。

『ゴー!』



フィンの中指が振り子のようにゆっくり振り始めたと思った途端、あっと言う間に動きが加速していった。

『あぁああああ~~~、いやぁああ~、すごい、すごい~~~~!』

振幅する摩擦感が加速すると、振動波まで生じてきた。

摩擦感と振動感が合わさりP、P1、P2スポットの快感を連続して送り出してきた。

『ひゃあああ~、あぁああああ~、いやぁああああ~』

やがて3つの異なる快感が一つになった、そのとき…



『ひぃいいい~、いっ、いっ、イックゥ~~~~~!』

絶叫が延々とバスルームにこだましていった。

『おやおや、Pスポットでもイッてしまうとは…』

フィンは薫の早い反応に半ば呆れながらも嬉しそうな顔をしていた。



GスポットとPスポット、そこは女性には是非体得してほしい絶頂スポットだ。

2つのスポットの成熟していく様子を昔話のウサギとカメの競争に例えてみよう。

Gスポットがウサギ、Pスポットがカメとする。

女性は誰もがウサギのGスポットから感じ始める。

最初の頃のセックスは正常位が多いためGスポットが刺激されるからだ。

そして、そこが膣の悦びであり、一番感じる所だと思っている。

しかし、カメのPスポットがひとたび感じ始めると、次第にウサギを追い越していくのだ。

やがて、遅れてやってきたカメのPスポットが一番好きになる。

Pスポットの快感の表現は様々あるが、

・幸福感を感じる
・全身で感じる甘い感じ
・子宮の奥から幸せな快感が来る
・優しくていつまでも味わっていられる

など『甘い、優しい、幸せ』がキーワードの快感だ。

とくに、いつまでも味わっていられる快感のため、連続絶頂を一番早く体得できるスポットでもある。

薫は太ももを痙攣させながら、いつまでも『甘くて、優しい、幸せな快感』に酔い痴れていた…



--------------
【調教豆知識】
--------------

◇指による膣の調教

指で膣開発を行うとき、爪が伸びていると膣壁をひっかき、爪の雑菌で膣炎を起こす可能性があります。

爪は調教日の2日前に深爪にしておきましょう。

2日前に爪を切っておくと爪先のトゲトゲがなくなり膣を傷つけることはありません。


膣開発するときは両手に膣用ローションをたっぷりと塗ってください。

手は力の弱い左手から使っていきましょう。

膣がまだ熟していない女性には左手のほうが優しく、感度を上げやすいのですよ。

そして、刺激慣れしてきたら、力の強い右手でも存分にイカせてあげてくださいね。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



さて、今回のお話はいかがでしたでしょうか?

今日はGW最終日、素敵な一日をお過ごしください♪

フィン♪
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
ブログ内検索
記事を探したいときにキーワードを入力して検索ボタンを押して頂ければ、当該記事が表示されますのでご利用ください。
プロフィール

フィン♪

Author:フィン♪
ご訪問ありがとうございます。
性調教は、女性に究極の快楽を与え、衝撃的で色とりどりの絶頂を体得させながら、妖艶で綺麗に磨き上げていくものです。
淫靡で官能的なアブノーマルプレイを駆使して、女性の感度を極限まで引き上げていきます。
それによって女性は驚くほど綺麗に変化します。

記事は膨大になっておりますので、目次(カテゴリ)の上から順に読んで頂ければわかりやすいと思います。

調教をご希望の方は、メールフォームにて、
・お名前(必須)
・メールアドレス(必須)
・件名
を記入し、
・本文(必須)に
性別、年齢、都道府県、相談内容を記して「確認」ボタンを押してください。
個人情報は秘密厳守しますのでご安心ください。
折り返し、メールアドレス宛にご返信致します。

◆自己紹介
・性別:男性
・在住:東京
・身長:180cm
・体重:75Kg
・趣味:ピアノ、テニス、ゴルフ

メールフォーム
性調教をご希望の方はご連絡ください。内容は公開されませんのでご安心ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

目次
ブログランキングリンク
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
にほんブログ村
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる