FC2ブログ

電マでのクリ開発時に外陰部開発もしておく(11)肛門マッサージ4


皆さま、こんばんは☆

さて、肛門に中指の第一関節まで垂直に入れた状態で、肛門内マッサージを始めます。

まずは肛門の上側(膣側)です。

肛門に中指の先を入れた状態で、上に軽く持ち上げるようにします。

そして中指の先っぽだけを”クィッ、クィッ”と折り曲げます。

女性にとっては肛門の奥が上に伸ばされます。

このようにすると肛門内から肛門表面まで上側が伸びて、肛門筋全体を柔らかく出来ます。

このときクンニしたり、もう一方の手で膣に指を入れると、違和感が強くても打ち消してくれることがあります。

肛門の違和感を打ち消すために、他にもいろいろ同時に愛撫してあげてくださいね。


肛門に指を入れられることに慣れてきた女性には、言葉が卑猥で申し訳ありませんが『二穴同時刺激』をしてみましょう。

もう一方の手を下に向けて、膣に中指をそっと差し込みます。

こうすると、膣に入れた指と肛門に入れた指が、会陰越しに擦り合うことになります。

男性は、女性の体の中で指が擦れ合うのがわかると思います。

男性にとっては、とても興奮すると思います。

なにせ自分の指が彼女の二つの穴に入っているのですから。


また、この方法は膣のPスポットを肛門側からも刺激することになります。

肛門側にも裏Pスポット(アナルスポットの一つ)と呼んでいるところがあり、ここも絶頂を得られるところです。

このようにすると、膣のPスポットとアナルスポットが同時に刺激されることになります。


女性にとってこのような刺激が初めての場合は、膣の快感と、アナルの不快感が入り混じり、悲鳴を上げるかもしれません。

そのときはすぐに肛門から中指を抜いてください。

反対に、初めてなのに「二穴同時刺激」にこれまでにない快感を覚えて絶叫を上げる女性もいます。

個人差がありますので、彼女の反応を見ながら慎重に進めてください。

決して無理はしないように。


「二穴同時刺激」に感じる女性は、膣からとめどなく愛液が溢れ出してくるでしょう。

やがて膣口も、肛門も”ピチャピチャ”と音を立てるようになります。

音が鳴るほど膣口も肛門も柔らかくなります。

余裕がある男性は、この淫靡な音の合唱を楽しんでください。

膣と肛門を交互に出し入れしたり、同時に出し入れすると、微妙に音が異なります。

官能的な合唱を奏でてくださいね。

そうするほど肛門は柔らかくなり、感度が上がってきますよ。

--

続きはまた次回♪

素敵な夜を☆彡

~~~~~~~~~~~~~~~
『オーガズムエステ: 女性の身体の開発』をアマゾンから電子書籍出版しています。
詳しくは、カテゴリまたは目次の「オーガズムエステ電子書籍版」に記載しております。
電子書籍版は体系的に章立てし直して読みやすく編纂し、新たな情報を加筆しておりますので、是非お手元に一冊置いて頂ければ幸いです。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム
性の悩みやご相談などありましたらお気軽にご連絡ください。内容は公開されませんのでご安心ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

フィン♪

Author:フィン♪
私は性調教師、性施術師、性ヒーラー、性療法士などと呼ばれています。
性調教は究極の快楽と癒しを味わってもらいながら、真の絶頂を得て、美と痩身と健康をもたらす調教法です。
性調教はSMではありません。
女性の体を開発して、今よりずっと感じやすくし、綺麗に磨き上げていくものです。
また、一般の方向けに『オーガズムエステ 女性の身体の開発』を他のブログで書いています。
現状は同じ内容を投稿していますが、ご興味のある方は『オーガズムエステ』で検索してみてくださいね。

性調教とは
女性は体を開発すると今よりずっと綺麗になれるのをご存知でしょうか? イクたびに女性ホルモンや成長ホルモン、セロトニンなどが全身に行き渡り、心が癒されながら肌がツルツルになり、表情や声、しぐさが色っぽくなり、下半身が引き締まるダイエット効果まであるのです。 性調教すると真の絶頂を体得して頂き、物凄い快感を味わってもらいながら、体の内面から綺麗に痩せていきます。 45歳の女性は肌がツルツルになり女友達から30代前半に見えると不思議がられています☆ 35歳で74kgの女性は半年で50Kgになり、長年罹ってきた鬱病も完治しました☆ 27歳の女性はイク演技ばかりしてきましたが、何十回もイクようになり女の悦びを生まれて初めて知りました☆ これまで絶頂体得は100%、ダイエットは80%、メンタル疾患治癒は80%の成功率です。 絶頂を体得したい、精神的に安定したい、色っぽくなりたい、綺麗に痩せたい、若返りたいなど真剣にお悩みの方はご連絡くださいね☆
目次
最新記事
ブログランキングリンク
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる