FC2ブログ

チツイキレシピ:心の開発が膣イキを可能にする


皆さま、こんばんは☆

オーガズムエステのサブタイトルで『女性のための身体の開発』と付けていますが、身体という単語は心と体の両方の意味を持ちます。

『体の開発』は、様々なテクニックを駆使して体を開発するものですが、

『心の開発』は、日常と非日常で理性と感情を切り替えられるようにするものです。


女性に膣イキしてもらうためには、ジムのパーソナル・トレーナのように、

『パーソナル・セクシャル・トレーナー』として女性の人生や生活を深く知る必要があります。

もちろん女性のプライバシーを一切知ることはしません。

そのほうが様々な悩みやトラウマを告白してもらえるからです。

女性の心理面に深く入り込み、理性が構築されてきた経緯を知らないと自己解放へ導けません。

自己解放へ導けなければ、いくら体を開発しても膣イキはできないのです。


女性がこれまで歩んできた人生に深く関わっていくと、膣イキできない女性には特徴があります。

潜在意識のどこかで、倫理道徳や貞操観念、トラウマなどがあり自己解放を妨げています。

「淫らであってはならない」、「性は恥ずべきもの」など様々な呪文が刷り込まれています。

それはいつ、誰がどのように教えたのか、自ら知ったのか、女性自身もよく覚えていないようです。

それがセックス中に突然現れると、精神的ガードとなって膣イキを阻みます。


日常と非日常で理性と感情を切り替える訓練をすれば、少しずつ自己解放できるようになります。

自己解放度が上がると感度が飛躍的に上がります。

その先に、膣イキが訪れます。

どのように理性と感情をスイッチングすればいいかは、女性の精神的・肉体的な面、性向・性癖などを性診断すると見えてきます。

性診断分析することで、その女性固有の効果的な方法が見つかります。

女性は誰一人として同じ性格、同じ性向、同じ感じ方をする人はいませんから。


そのため、一人ひとり異なる個性や身体の適性を見極め、その人だけの個別メニューを丁寧に組み立てる必要があるのです。

その方法を用いることで、非日常では理性をオフにすることができ、感情をオンにすることができます。

それが膣イキしてもらえる最も早い近道です。


男性は、彼女の『パーソナル・セクシャル・トレーナー』になってもらいたいものです。


☆☆☆


続きはまた次回(^-^)/

素敵な夜を過ごしくださいね☆彡

~~~~~~~~~~~~~~~
『オーガズムエステ: 女性の身体の開発』をアマゾンから電子書籍出版しています。
詳しくは、カテゴリまたは目次の「オーガズムエステ電子書籍版」に記載しております。
電子書籍版は体系的に章立てし直して読みやすく編纂し、新たな情報を加筆しておりますので、是非お手元に一冊置いて頂ければ幸いです。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム
性の悩みやご相談などありましたらお気軽にご連絡ください。内容は公開されませんのでご安心ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

フィン♪

Author:フィン♪
私は性調教師、性施術師、性ヒーラー、性療法士などと呼ばれています。
性調教は究極の快楽と癒しを味わってもらいながら、真の絶頂を得て、美と痩身と健康をもたらす調教法です。
性調教はSMではありません。
女性の体を開発して、今よりずっと感じやすくし、綺麗に磨き上げていくものです。
また、一般の方向けに『オーガズムエステ 女性の身体の開発』を他のブログで書いています。
現状は同じ内容を投稿していますが、ご興味のある方は『オーガズムエステ』で検索してみてくださいね。

性調教とは
女性は体を開発すると今よりずっと綺麗になれるのをご存知でしょうか? イクたびに女性ホルモンや成長ホルモン、セロトニンなどが全身に行き渡り、心が癒されながら肌がツルツルになり、表情や声、しぐさが色っぽくなり、下半身が引き締まるダイエット効果まであるのです。 性調教すると真の絶頂を体得して頂き、物凄い快感を味わってもらいながら、体の内面から綺麗に痩せていきます。 45歳の女性は肌がツルツルになり女友達から30代前半に見えると不思議がられています☆ 35歳で74kgの女性は半年で50Kgになり、長年罹ってきた鬱病も完治しました☆ 27歳の女性はイク演技ばかりしてきましたが、何十回もイクようになり女の悦びを生まれて初めて知りました☆ これまで絶頂体得は100%、ダイエットは80%、メンタル疾患治癒は80%の成功率です。 絶頂を体得したい、精神的に安定したい、色っぽくなりたい、綺麗に痩せたい、若返りたいなど真剣にお悩みの方はご連絡くださいね☆
目次
最新記事
ブログランキングリンク
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる