FC2ブログ

5.6-1章 飼育調教 四つん這い散歩



(前章まで)

薫が恥ずかしそうに顔を上げると、カチッと音がした。

フィンが薫の首に猫の首輪を装着したのだ…


・・・


『あぁ~』

薫から溜息が漏れた…

(首輪だなんて…)

生れてから此の方、首輪などされたことがなかった。

しかし、カチッと首輪を付ける音がしたとき、薫は何とも言えない不思議な感覚が走っていた。

(あぁ~、なんだろう、この感覚は…)

薫は自分の心の動きに戸惑っていた。



『薫さん、ピンクの首輪がとてもよく似合いますね。

 これはペットショップで買った本物の猫の首輪なんですよ』

(えっ、本物の猫の首輪…)

薫はうな垂れてしまった。

そして、胸元を見ると、首輪に赤い鈴がぶら下がっているのに気付いた。

(あぁ~、ほんとに猫になったみたい…)

そう思うと、あの不思議な感覚がまた走り抜けていった…



薫は思わずブルッと身震いした。

すると、”チリーン”と音が鳴った…

『あぁ~、いやぁ』

『フフフ、薫さん、上手に鈴を鳴らしましたね』

フィンはそう言いながら薫の頭を撫でてやった。



『さて、次は猫耳を付けましょう』

フィンは薫の頭に猫耳のカチューシャを取り付けた。

『ほら、薫さん、鏡を見てください。

 可愛いでしょう?』

薫は壁一面に貼りつけられている鏡を見た。

四つん這いの恥ずかしい姿が鏡に映し出されていた…

『いやぁ~、恥ずかしい…』

『そうですか?

 とても可愛いですよ』



フィンは薫の頭をよしよしするように撫でながら、首輪にリードを付けた。

『ほら、これで猫ちゃんになりました。

 ちょっと散歩に出かけましょう』

『えっ?』

薫はドキっとした。

散歩って部屋の外に出るのかと思ったのだ。



『大丈夫ですよ。

 部屋の中を散歩するだけですから。

 外に行くのはまだレベルが高すぎます』

薫はほっとした。

しかし最後の言葉が気になった。

(いつか、外に散歩に出かけることがあるのかしら…)

そう思うと女芯が熱く疼きだした…

(えっ、なぜ…)

薫はこのとき自分に露出性癖が隠されていることを知る由もなかった…



『本当は尻尾の代わりに膣にディルドを入れて散歩するのですが、まだ早いですね。

 膣の感度が上がり、肌がもっと強くなったらしてみましょう』

薫はまたドキっとした。

(アソコにディルドを入れて歩くなんて…)

思わずそんな姿を想像してしまった薫は、アソコがジュルっと濡れてくるのを感じた。

(あぁ~、こんなに恥ずかしいのにどうして私の体は感じてしまうのかしら…)

薫の中に眠っていた新たなM性が開花し始めていた…



フィンはすっと立ち上がると、リードを持ったまま薫に囁きかけた。

『さぁ、薫、こっちにおいで』

フィンがリードを引っ張ると、首が軽く引っ張られた。

薫はフィンが歩く方へ、ハイハイする赤ちゃんのようについていった。

『あぁ~、いやぁ~』

四つん這いで歩くとアソコが擦れて、クチュクチュと音が鳴りそうだ。

(あっ、いやっ…、フィンさんに気付かれてないかしら…)

薫は音が鳴らないようにできるだけ太ももをくっつけながら歩いていった。

それが余計にクネクネしながら歩いていることに薫は気づいていなかった。

『フフフ、色っぽく歩きますね。

 本物の猫みたいだ…』

フィンは薫の歩く姿を見ながら、男根がそそり立ってくるのを感じていた…



テーブルの周りを一周すると、

『では、ここで正座して待っててくださいね』

とフィンから促された。

そこは壁の鏡が目の前にあった。

自分の姿がはっきりと見える。

ピンクの首輪に赤い鈴がぶら下がっている…

猫耳が頭につけられ、首輪からピンクのリードがぶら下がっていた…

(あぁ~、わたし…)

薫は自分の姿を凝視できず、俯いてしまった…



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



さて、今回のお話はいかがでしたでしょうか?

それでは、今日も素敵な一日を♪

フィン☆
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
ブログ内検索
記事を探したいときにキーワードを入力して検索ボタンを押して頂ければ、当該記事が表示されますのでご利用ください。
プロフィール

フィン♪

Author:フィン♪
ご訪問ありがとうございます。
性調教は、女性に究極の快楽を与え、衝撃的で色とりどりの絶頂を体得させながら、妖艶で綺麗に磨き上げていくものです。
淫靡で官能的なアブノーマルプレイを駆使して、女性の感度を極限まで引き上げていきます。
それによって女性は驚くほど綺麗に変化します。

記事は膨大になっておりますので、目次(カテゴリ)の上から順に読んで頂ければわかりやすいと思います。

調教をご希望の方は、メールフォームにて、
・お名前(必須)
・メールアドレス(必須)
・件名
を記入し、
・本文(必須)に
性別、年齢、都道府県、相談内容を記して「確認」ボタンを押してください。
個人情報は秘密厳守しますのでご安心ください。
折り返し、メールアドレス宛にご返信致します。

◆自己紹介
・性別:男性
・在住:東京
・身長:180cm
・体重:75Kg
・趣味:ピアノ、テニス、ゴルフ

メールフォーム
性調教をご希望の方はご連絡ください。内容は公開されませんのでご安心ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

目次
ブログランキングリンク
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
にほんブログ村
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる